ブログ

“リスタート”とは頭で考えるのではなく、心と身体が動きだすことから始まる!

「どうやったら私もリスタートできますか?」と、昨日、元同僚に尋ねられた。

私は2年前にリスタートをしよう!と思ってリスタートしたわけではなかった。
というよりもそれ以前に出口の見えない場所で、ずっともがいていた。

何をしていいかわからず、
道が開ける出口はどこにあるんだろう?
もしかしたら、もうこの状況からは出られないかもしれないとあきらめ気味になっていた時もある。

そんなとき、「これならできるかも」というきっかけに出合い、
それを実践してみることからスタートしてみた。

できそうだ!と思えるものにトライできることが嬉しくワクワクした。
その先どうなっていくのかを予測できたわけでもなく。
私でもできそうないわゆる“宿題”めいたトライが目の前にあることに心躍った。
いかに私がそういうものに枯渇していたかということがわかる。

誰かに「これをやったほうがいいんじゃない?」といわれても
気持ちが動かなければやっても形にはならない。
もしくはすぐに中途半端に終わってしまう。

だからといって、そのきっかけをじっとして待つというのは時間がもったいない。
今のグダグダな状態から抜け出したいという気持ちさえ持ち続ければ
“やる気スイッチ”というチャンスやきっかけと出合えると思う。

それは大きな転機と呼ばれるようなものでなくても、
小さな転機がのちに大きなうねりとなっていくこともあるのだから。

自分ができそうなこと、やりたいことを見つけたらやってみる。
例えば、それが自分が好きなことだったり昔やっていた習い事だったりでもいい。

はたまた、挑戦したことのないお菓子作りや陶芸とかでも。

ちらっとでも食指が動いたら、できそうだなと思ったらやってみる。

要は自分自身を嬉しい、楽しいことで刺激して、“やる気スイッチ”がどこにあるのかを探る。
自動的にスイッチが入ることもあるだろうし、
スイッチのありかがわかるかもしれない。

「どうやったら?」と延々と考え続けるのではなく、
動いてみる! これに限る!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今後のお知らせ】

8月18日(金)セルフマガジン制作スタートアップ講座@鹿児島

13:30-15:30
FACEBOOK⇒詳細・お申込み
Facebookをしていない方は「鹿児島セルフマガジン講座希望」という件名で
お名前、電話番号、参加人数を明記のうえ、以下からお申込みください。
お申込み⇒こちら

◆櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る