ブログ

セルフマガジン作りは、これから道を切り開くための新たなスタートラインに立つ準備に等しい。

個人版会社案内、最強の営業ツールと言われている“セルフマガジン”。
セルフマガジンを作りたい、興味があるという人はすこしずつ増えてきていると感じられるが、
それを作って完結ではない。

セルフマガジンを作るのはゴールではなく、新たなスタートだ。
自分に新たな武器が備わるという感覚。
名刺、ブログ、ホームページ、インスタグラム、ツィッターというような自己表現をするツールがまたひとつ加わるという感じ。

だから、「バッチリなセルフマガジンを作ったからうまく行く!」というのは幻想にすぎない。
っていうか、そう思っている時点でアウト。

セルフマガジンはたくさんの人の目にふれてナンボだ。
あなたのこと、そしてあなたのサービスをわかりやすく盛り込んでいるマガジンを、
本当に必要としている人のところに届くようにするには、こちら側の企業努力は不可欠。
外出時、常にバッグに入れて、すぐに渡せる状況を作っておくぐらいでないと多くの人の手には渡らない。

ただ、よく耳にするのはセルフマガジンを作ったけれども出来ばえに自信がなくて、
積極的に配布できないというパターン。
だったら、出来ばえのよいセルフマガジンを作るだけの話。
「それには予算が…」という返事がほぼほぼかえってくるが、
何のためにセルフマガジンを作るのか? を再度考えてほしい。

話は脇道にそれたが、もちろんセルフマガジンだけでは片手落ち。
ブログやサイトを運営している人は
セルフマガジンにそのURL(連絡先)を記載する場合が多いが、
マガジンを手にした方がそこを見て、せっかくアクセスしてくれたとしても、
頻繁に更新されていなければ、もう二度と(といっていいぐらい)見に行ってはもらえないだろう。

セルフマガジンだけではだめで、
ブログだけでもだめ。
要はバランスの問題だと思う。

セルフマガジンを作って、それをうまく仕事に活用できている人は
セルフマガジンを作ってからも攻めの姿勢で、ブログやサイトも頻繁に更新している(あくまでも当社調べ)。

なぜあなたはセルフマガジンを作りたいのですか?
友達が作っているから?
新しい武器が欲しいから?
良さそうだからなんとなく?

忘れてならないのは、あなたが提供しているサービスの料金はどれぐらいですか?
1時間1万円のサービスを提供しているあなたは、それに見合ったマガジンを制作する予定ですか?

私のセルフマガジン講座では、そういうことも含めてお話します。
明日は、鹿児島で「セルフマガジン制作スタートアップ講座」を開きます!
(詳細は下記をご参照ください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今後のお知らせ】

8月18日(金)セルフマガジン制作スタートアップ講座@鹿児島

13:30-15:30
FACEBOOK⇒詳細・お申込み
Facebookをしていない方は「鹿児島セルフマガジン講座希望」という件名で
お名前、電話番号、参加人数を明記のうえ、以下からお申込みください。
お申込み⇒こちら

◆櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る