ブログ

震度5の地震が起きたとき、あなたの備えは万全ですか?

今日のお昼前、パソコンで仕事をしていた私はグラっと突き上げるような
大きな揺れを感じた最初の一瞬、「え? 桜島の爆発?」と思った。

“揺れ=桜島の爆発?!”という構図が鹿児島市民には少なからずあるかもしれない。

鹿児島市内に居住していると、桜島が大きな爆発をしたときには
膨張したような圧がかかる感じがあり、一瞬、ドンと大きな揺れを感じる。
それだと思ったのだ。

しかし、大きな揺れは続き、自分の周囲にある棚が揺れて、
スマホの警報がけたたましく鳴り始めた。
まずは自分がいる部屋から出なければとスマホ片手に飛び出し、
財布が入ったバッグを探している間に揺れは収まった。

テレビをつけると「鹿児島市震度5強」という文字が飛び込んできた。
しかも震源地は鹿児島湾。

私がこれまでで体感した最大の地震だった。

1年前の九州大地震のときも、鹿児島は震度3~4で震度5を観測したエリアもあったが、
今回は確実にあのときよりも強い地震だった。

自分を守るヘルメットなどの備えはなく、
避難用に準備しているリュックはすぐそこにはなかった。
「玄関に置いてないといけないね」と夫婦で話をしていたにも関わらず、
すぐに持ち出せる場所には置いていない。
避難用リュックを持っていてもそれでは意味がない。

「鹿児島は地震よりも台風や桜島の被害のほうが…」と言っていたのは過去のこと。

「このあたりは昔から地震は起きないから~」とのんきにかまえていられる場所など
この日本にはもうないのだ。

そうして、しまってあった避難リュックを玄関脇に置いた。
まだ余震があるかもしれないから、気は抜けない。
相手は待ったなしの大自然なのだから。

◆地震に備えるチェックリスト
http://kasakoblog.exblog.jp/15296828/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【今後のお知らせ】

7月26日(水)セルフマガジン制作スタートアップ講座@福岡
11:00-13:00
⇒詳細、お申し込み
FACEBOOK⇒詳細・お申込み

7月26日(水)読まれるブログの書き方講座@福岡
15:00-17:00
⇒詳細、お申し込み
FACEBOOK⇒詳細・お申し込み

8月1日(火)櫻木よしこ&町野健さんコラボイベント@静岡
セルフマガジン制作スタートアップ講座 10:00-12:00
FACEBOOK⇒詳細・お申込み

◆櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る