ブログ

伝えたいことがひとつでも伝わるようにギリギリまでベストを尽くせば自分も後悔しない(終活@鹿児島)。

「皆さんは延命措置を希望されますか? されませんか?」
この問いが一番盛り上がった本日の終活講座。

今日は鹿児島市の総合葬祭・セルモ玉泉院郡元会館にて感謝祭が行われ、
そこで“終活入門講座”というお話を40分間ほどさせていただいた。

60~70名ぐらいはいらっしゃったであろうお客様の平均年齢は確実に60代を越えていた。
予想はしていたけれども、実際に客層を拝見すると、
・この内容はちょっとウケないかもしれない
・わかりづらい言葉がいくつかあるかもしれない
・反応が鈍いかもしれない
などと、いろいろなことが頭の中を渦巻いた。

そんなに焦らずとも家でのリハーサル通りにやれば大丈夫だろう。
今さら焦ったら逆に失敗するかもしれない。
いや、でも、話が難しいと思われることのほうがまずいと思い、
控室でスライドをいじり、急遽一部話す内容も変えた次第。

声を張って抑揚をつけるということも心がけながら
お客様の反応を見ながら、アドリブは必須となる。

そういう中での冒頭の問いで「延命措置を希望されない方?」と挙手を願うと
おおよその方が挙手を。
「では、そのことをご家族に伝えていますか?」と問うと、
極端に挙手の数は減る。

もしも自分が意識不明になって延命措置をするかしないかという状態に陥ったとき、
医者は家族の意向を優先する。
自分が延命措置を希望しなくても、
家族が希望すれば、延命措置が選択されるということになる。
だから、今のうちに自分の意向をしっかりと家族に伝えておくことが大事なのだとお話した。

おそらく今日はこのことが一番のテーマで、
お客様の印象に残ったことだったのではないだろうか。

だって、自分の命のことだから。

伝えたいことはたくさんある。
でも専門的な言葉を並べて、
どこか上滑りするようなことを話すよりも、
何かひとつだけでもお持ち帰りいただくためにベストを尽くす。
それがとても大切だと今日の経験を通して実感した。

本日、ご来場いただいた皆様、またこのような機会をくださった玉泉院郡元会館のご担当者様
本当にありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【今後の予定】

7月26日(水)セルフマガジン制作スタートアップ講座@福岡
11:00-13:00
詳細、お申し込み
FACEBOOK⇒詳細・お申込み

7月26日(水)読まれるブログの書き方講座@福岡
15:00-17:00
詳細、お申し込み
FACEBOOK⇒詳細・お申し込み

8月1日(火)櫻木よしこ&町野健さんコラボイベント@静岡
セルフマガジン制作スタートアップ講座 10:00-12:00
FACEBOOK⇒詳細・お申込み

◆櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る