ブログ

制作物の最終工程におけるスピード全開の緊張感が好き、例えばこの場合“セルフマガジン”

何かを創り上げていくとき、最終段階にきたらエンジンがどんどん加速していく。
そこには張り詰めた緊張感があり、これがないと良いものはできないと私は思っている。
ちょっとしたことがミスに繋がるという緊張感も含む。
そして納期がある場合、どこかでエンジンを加速させねばならない。
しかし、この緊張感が私は嫌いではない。
できあがりのワクワク感が見えてくるからだろう。

昨日で、プロデュースを手掛けていたセルフマガジンがまたひとつ印刷工程に入り、
私たち作り手のもとを離れた。
あとは「(印刷の)色がきれいに出ますように」と祈るばかりだ。

雑誌を作るときはこういう作業の繰り返しだが、
エンジンの加速のギアをあげていくのは編集者の仕事。

なんとも嫌われる立場だなとも思う(笑)
だって、言いたくないことも言わなければならない。
締め切りに間に合わせるために、そこに関わる人たちのスケジュールも
調整してコントロールしていかねばならない。
締め切りに間に合わないようだったら、相手の尻を叩かなければならない。

でも、そうやって締め切りに間に合って本が出来上がればそれでよしとなる。

こういうことばかり書くとなんだか大変そうだなと思われるかもしれないが、
作る課程においては大変なことばかりではない。

おっ!と思えるデザインが上がってくるとニンマリするし、
ライター(セルフマガジンの場合は依頼者)が、
苦心しながら書いた原稿が届けば、校正する方も力がこもる。

限られた時間で、いかにより良いマガジンを創り出すか。
それが常のテーマであり、
最後まで手を抜かずに「もうちょっとここをこうしたほうが…」と気になったら
「いやいや、もう時間ないし」でなく、「よし、やろう、その微調整」となるのが
私たち“POWER for Restart”だと今回も改めて感じた。

“POWER for Restart”は「リスタートに力を!」というセルフマガジンプロデュースプロジェクトだが
「今よりもさらに飛躍したい!」
「セルフマガジンを営業ツールとしてがんばりたい!」という方々から
ありがたいことに注文をいただいている。

そのプロジェクト名の通りに、クライアントの皆様のリスタートの一助になる
カッコいいマガジンを作りたいといつも思う。
さて、そろそろ次のマガジン制作のギアをトップにあげていきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★セルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』もぜひ!

セルフマガジンの制作依頼を検討中の皆様へおススメのサービスです⇒詳細

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆セルフマガジン制作のアドバイスならびに相談承ります!

①かさこ塾フェスタ@福岡にて⇒先行予約受付中
②オンラインにて

どちらもお気軽にどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ@福岡にて出展およびインタビューを受けます!

①“セルフマガジン制作アドバイス”で出展します!⇒先行予約詳細

開催日時:2017/7/1(土)10:30~18:00
場所:警固神社のイベントスペース
住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目2-20
交通:地下鉄天神駅より徒歩3分、西鉄福岡天神駅より徒歩1分

出展者:69名予定
かさこ無料セミナーほか、様々なセミナー、
ワークショップ、セッション、展示、物販などで
お楽しみいただけます。
セルフマガジン(個人活動紹介冊子)無料コーナーもあり。

②インタビュアー&ライターの鯰美紀さんのインタビューを受けます。
『悶々からの脱却! リスタート(再出発)のきっかけとそれから』
2017/7/1(土)11:35~12:05(30分)

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る