ブログ

嬉しい、楽しい感情を気持ちの昂りのままに言葉にするのが下手なあなたへ

感情の起伏があまりよくわからないと言われたことがある。

つまりどういうことかというと、
何が嬉しくて、何に感動して…というのがわかりづらいと。
特に言葉を使っての感情表現が薄いということのようだ。
ほっといてくれ~という話なのだが、きっと私のような人もいるだろうと思い書いてみる。

私なりには心の中でちゃんと感情は動いている。
そして、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いというのもしっかりと
いや、他の人以上に明確な気もする(笑)

感情を言葉として表現する場合、
「めっちゃ好き!」「かわいいーっ ありえん」とか
そういうフレーズをばんばん使う人がいるが、
私はそこまでの言葉を口にすることはあまりない。
だからなのだろう。

そういう表現をする人を非難しているわけではなく、
感情の昂ぶりをそれに見合った表現で言葉にするのが上手なのだろうとも思う。

時として、心の中で「それに対してそこまでの表現を使うのか~?」と
理解不能な私もいたりする。

大袈裟な表現をよく使う友人につっこんだことがある。
「その表現って大袈裟じゃない?」と。
すると友人は「だってかわいいじゃん、すごく~」とぶーたれた。

そもそも基準値が違うんだとそのときに思った。
好き・嫌いの度合いも関係するが。

私のなかでは私なりの基準がある(自分比)。
私の「好き」は濃度が濃い(と勝手に思っている。相手にどれほど伝わっているかは別として)。
だから「すごく好き」はもうかなりのものだ。
だから「めっちゃ好き」は、スーパーすごいことだ。

この基準値をうまく相手に伝わるように表現するのは難しい。
だからといって、友人のように大袈裟な(私が見る限り)表現をするのも難しい。
真似しようとしてもなかなかできるものではない。

生活において、仕事において支障があるわけではないが、人はいろいろな見方をするなと。

もし私が今後、いつも以上にオーバーな表現をしてたら「実験中なんだな」と思い
優しく見守ってください(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★セルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』を開始!

セルフマガジンの制作依頼を検討中の皆様へおススメのサービスです⇒こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ@福岡にて出展およびインタビューを受けます!

①“セルフマガジン制作アドバイス”で出展します!⇒こちら

開催日時:2017/7/1(土)10:30~18:00
場所:警固神社のイベントスペース
住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目2-20
交通:地下鉄天神駅より徒歩3分、西鉄福岡天神駅より徒歩1分

出展者:69名予定
かさこ無料セミナーほか、様々なセミナー、
ワークショップ、セッション、展示、物販などで
お楽しみいただけます。
セルフマガジン(個人活動紹介冊子)無料コーナーもあり。

②インタビュアー&ライターの鯰美紀さんのインタビューを受けます。
『悶々からの脱却! リスタート(再出発)のきっかけとそれから』
2017/7/1(土)11:35~12:05(30分)

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る