ブログ

セルフマガジンのページにメリハリをつけるために、特筆したい内容を目立たせるために設けてほしい“コラム”枠

セルフマガジンを制作する場合、最初は入れたい内容をあまり考えられず
「ページが埋まりません」と言う方がいるが、
制作アドバイスをすると、「あれも入れたい、これも入れたい」というパターンがけっこう多い。

そうなると、特に8ページを予定している場合、
どうやって入れ込みたい内容を少しでもわかりやすくページに落とし込んでいくか…
ということにぶつかる。

通常、やり方がわからないから、入れたい内容をもっと省くか、
とにかく入れたい内容を文章として書いていくパターンになる。
しかし、ただ文章で書いても読んでもらいたいネタはそこに埋もれてしまうだけ。
もしくは、「なぜ、いきなりここにこういうことを書いているの?」という違和感を読者に持たせてしまう。

そういう時に便利なのが“コラム”枠だ。

同じページの中に別枠を作り(画像参照)、その上の記事とは別のものだという認識を持ってもらう。
その枠の中は自由なので、書体を変えてもいいし、ポイントを落としてもいい。
画像の場合、本文は明朝だが、“コラム”枠内はゴシックにし、ポイントも落としている。
写真は入れてもいいし、入れなくてもいい。

あと気をつけなければならないのは、“コラム”枠のボリューム。
美しいバランスは、1ページの1/3程度(画像はA5版)。
あまりにもボリュームが少なくても、“コラム”枠を作った意味がないので
そういう場合は、写真を入れたり、
おかしくない程度に改行して行数を増やすということでボリュームを保つ方法がある。

全ページに“コラム”枠を作るのはトータルで見ると美しくないが、
8ページのセルフマガジンを制作するなら2枠ぐらい作っても問題ない。

もちろん、12ページや16ページの場合にしてもコラム枠は功を奏する。

“コラム”枠は、「このネタも入れたいけど、たくさんの文章を書くほどはない」
「ここにも注目してほしい!」というときに役に立つ。

セルフマガジンをいろいろと見てみると、1ページの文字数が多いものが目立つので、
ページのメリハリをつけるためにも、ぜひ、“コラム”枠を活用してほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★セルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』を開始!

セルフマガジンの制作依頼を検討中の皆様へおススメのサービスです⇒こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ@福岡にて出展およびインタビューを受けます!

①“セルフマガジン制作アドバイス”で出展します!

開催日時:2017/7/1(土)10:30~18:00
場所:警固神社のイベントスペース
住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目2-20
交通:地下鉄天神駅より徒歩3分、西鉄福岡天神駅より徒歩1分

出展者:69名予定
かさこ無料セミナーほか、様々なセミナー、
ワークショップ、セッション、展示、物販などで
お楽しみいただけます。
セルフマガジン(個人活動紹介冊子)無料コーナーもあり。

②インタビュアー&ライターの鯰美紀さんのインタビューを受けます。
『悶々からの脱却! リスタート(再出発)のきっかけとそれから』
2017/7/1(土)11:35~12:05(30分)

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る