ブログ

ブログを書き続けることとおでん屋経営は近からず、はたまたそう遠からず。

「どういうブログを書けばヒットするんですか?」と先日、ある人に尋ねられた。どうやら、ヒットする記事を一発書いて、アクセス数を伸ばして、後は右肩上がりに~という妄想劇場が脳内で始まっているようだった。

ある程度、ブログを書いていると経験するが、一発ヒット記事を書けたとしてもその後もアクセス数が変わらずかっていうとそんなことはない。よっぽどの記事を書き続けないかぎり、右肩下がりになり、いつものアクセス数へとだんだん戻っていく。私に質問したその人はブログをほとんど書いていないから、そういうことが言えたのだろう。

ブログはじんわり~としみてくるようなものだと思う。老舗のおでん屋が“秘伝の出汁”を継ぎ足してやってます…的な。

ブログは書き手によってテーマや文体、思考、好みなどもいろいろで、本音をさらけ出すものもあれば、そうでないものもある。

定番のおでんの具に新しい具を追加するかのごとく、あれこれ書いてみて、混然一体となったおでん鍋のようになって始めていろいろな層の読者に読んでもらえるようになるんだろなと…。だから時間がかかるし、継続が必要。おでんだって強火で煮ると、芋類がにくずれてしまう。弱火で時間をかけて煮るから、ほどよい硬さを保ちながら、食べごろになる。

ブログに「これで出来上がり」っていう状況はない。ずっと、秘伝の出汁と新しい具を継ぎ足していく。そうこうしつつ、人気の具がどれかわかってくるから、なくなったらそれを補充する。

馴染みの客ばかりでなく、新規のお客を呼びこむにはどうしたらいいんだろう?

ブログを書くことっておでん屋経営にも似てる…。

ちなみに、私が好きなおでんの具はたまごと、じゃがいも、がんもどき、こんにゃくあたりかな。

 

★セルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』を開始しました!

セルフマガジンの制作依頼を検討中の皆様へおススメのサービスです⇒こちら

★かさこ塾フェスタ東京に出展します!

「セルフマガジン制作アドバイス」で出展(残席2)~予約・詳細等は⇒こちら
開催日時:2017/4/16(日)10:00~18:00
場所:東京文具共和会館2階
住所:東京都台東区柳橋1-2-10
交通:JR浅草橋駅から徒歩3分(秋葉原の隣の駅)
※東京フェスタまで待てないという方は、オンラインで「制作アドバイス」もしております⇒こちら

 

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る