ブログ

ブログを書くときは一文ずつの出来ばえにこだわず、最初に“言いたいこと”を決めてから一気に書こう!

ブログの文章を書きながら「この書き方はいまいちだな…」などと、

文章の一行、二行を書くのにすごく時間をかける人がいる。そして挙げ句の果てには、「今日も書けなかった」「1記事書くのにけっこう時間がかかる」ということが口をついて出るハメになる。

それぞれの文を納得のいく一文に仕上げるのに時間をかけるのは、

時間の無駄と記事全体の流れやテンポの妨げになるのでやめたほうがいい。

とにかく、自分の思うがままに書いていき、ある程度書いた時点で読み直し訂正を加えていくか、はたまた一気に書き終わった時点で全文を読み直し、ところどころ手を入れていくほうが全体的にはまとまりのある記事になる。

そして、ブログを書き始める前に、結局この記事では何を言いたいのかということをあらかじめ決めておくことが肝要だ。

最後の落としどころがどこなのかということを。

「あのことについて書こう!」という出来事的な記事ではなく、

「あのことを通して自分は何を考えたのか、何を感じたのか

というところまでしっかり決めてから書くと、焦点がぶれない記事に仕上がる。自然とその結論に向けて記事を書くことができるだろう。

「あのことについて書こう」だけだったら、日記風になるだけ。

私は有名人ではないのだから私の日記を読みたい人なんてそうそういない。

だから、今日も言いたいことを先に決めた。

「一文ずつの出来ばえにいちいちこだわらずに、まずは伝えたいことを決めてから、一気に書くほうが流れのよい記事が書けますよ!」ということ。

◆お知らせ(福岡・鹿児島の皆様へ)

2017/3/2(木)“セルフマガジン制作スタートアップ講座”を開催@福岡

2017/3/3(金)“読まれるブログの書き方講座”を開催@福岡

2017/3/6(月)“読まれるブログの書き方講座”を開催@鹿児島

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る