ブログ

“かさこマガジン5”という転機のきっかけをもたらしてくれた平原美津代さんから、今度は挑戦のきっかけをいただいたことに感謝!

「よっちゃんのセルフマガジン講座を受けたいな~」と言ってくれたのは、他ならぬ大分中津の“ひらりん”こと平原美津代さんだった。そしてそこで鹿児島の塾生・松元佳子さんが「よっちゃんを福岡に呼んだら?」とあいの手を入れてくれて、

「そうだ!よっちゃん、福岡で講座をやりなよ!」とひらりんがばーんと背中を押してくれた。

先月後半にブログ講座、今月10日にセルフマガジン講座を鹿児島でやったばかりの私は、

お呼びがかかれば、鹿児島を飛び出して講座をやりたい!と思ってはいたものの、私自身の知名度はまだまだ。だから気分的には「そのうちに…」という感じだった。

しかしだ。そうそう声をかけてもらえることなどない。

一瞬、考えて「やってみます」といった直後、ひらりんはすぐに心当たりのある場所の空きを調べ、おさえてくれた。

ひらりんのこの行動力に私は“瞬殺!”

再び、ひらりんにチャンスをもらい挑戦してみることに。

約1年半前に、好きを仕事にする大人塾・かさこ塾の塾長かさこさん(本日誕生日)のセルフマガジン“かさこマガジン5”を手にしたことは、私の大きな転機となった。そして、それを博多で私に手渡してくれたのが、ひらりんだった。

あの日⇒2015年8月末

あのとき⇒エンディングノート講師セミナーにて初対面

あの場所で⇒懇親会(博多)でアルコール注入をした帰り道

かさこさんが存在して、かさこマガジンがこの世に出回っていても、私が知らなければ私にとっては何の意味もない。

しかし、ひらりんが届けてくれたのだ、それを必要としていた私に。

「私ね、自分のセルフブランディングは何もできていないのよ~」とひらりんは折にふれ、口にする。

果たしてそうだろうか? ひらりんはいまや全国で開催されているかさこ塾に卒業生としてちょくちょく顔を出したり、関連イベントによく参加している。きっと、私みたいにひらりんから“何か”を届けてもらっている人はたくさんいるはずだ。

「ひらりんが言うからやってみよう」「ひらりんがおススメするから行ってみよう」

積み重ねた行動で信用を得て、それがひらりんのセルフブランディングになっていっていると私は思う。

「私ね、ちょっと前まで一人でどこかへ旅するなんて考えられんかったんよ~」と聞いたときには驚いた。

嘘でしょ? そんなことはみじんも感じられないひらりんの行動力。

自分の中から沸き上がる気持ちが後押しして、それまで不可能だったことを可能にして動いているひらりん。

そんなひらりんから再びチャンスをもらった! 県外で講座を初開催。

楽勝!とは言い難いことに挑戦することで、考えること、学ぶことが多いと、すでに体感中。

でも、この一歩がなければ次は始まらないし、見えてこない。かさこマガジンをもらったときのことを思い出しながら、また新しい挑戦の始まり。

そして、これから私は私の経験を少しでも役立てる方法を考えていきたい。それこそがチャンスをくれたひらりんへのお礼だと考えている。

でもまずはこの場を借りて、ひらりん、再びどうもありがとうございます!

いよいよ明後日から福岡での2日間が始まります。

セルフマガジン制作とブログについて気になっている方、お悩み中の方に、より具体的に“取り組み”やすい内容でお伝えします! どうぞお気軽にお申込みください。

2017/3/2(木)“セルフマガジン制作スタートアップ講座”を開催@福岡

2017/3/3(金)“読まれるブログの書き方講座”を開催@福岡

◆お知らせ(鹿児島の皆様へ)

2017/3/6(月)“読まれるブログの書き方講座”を開催@鹿児島

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る