ブログ

名古屋グルメ3連発! らむちぃの味噌かつx宮きしめんxマルコリーニのスイーツ。

{347568EE-F8F4-4449-89E1-E5760B6CDBDF}

県外の土地に行くと、やはり食べ物は
とっても気になるもの。
ということで、今回の名古屋でも限ら
れた時間のなか攻めてみました。
まずは名古屋かさこ塾生に連れて
行ってもらった“味噌かつ”ランチ。
“黒豚屋 らむちぃ”の
“味噌かつ定食(小)”1480円也。
味噌かつの上のてんこ盛りの
ネギが私の食欲を存分に煽ってくれた。
口に入れると、ソフトな肉質と甘い
味噌だれがうまく絡み、箸が進みすぎ
て、黙々と食べてしまった。
「サクッとジューシー」は当たり前。
黒豚王国の鹿児島からやってきた私
だけれども、“三河豚ロース”も
なかなかのもの。
名古屋メシの出だしとしては上々!
★黒豚屋 らむちぃ
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23001001/

{E4C689AB-A020-45A6-BDF0-7FD8F8E25292}

そして、“名古屋といえばきしめん”
ということで、これまた教えてもら
ったのが、熱田神宮の境内敷地内に
ある“宮きしめん”。
初めて熱田神宮にてお参りをさせて
いただいたあとに、行ってみたところ
参拝客がひっきりなしにやってきては
その一杯をすすっていた。
雰囲気としては、“峠のお茶屋”さん。
室内ではなく、テントの下にテーブルが
ずらっと並び、丼からのぼり立つ湯気
につい誘われて、食べたのは
“宮きしめん(赤つゆ)”650円。
ちなみに白つゆもあったが、あえて
ここは名古屋なので、名古屋ベーシック
を貫いてみた。
確かな歯ごたえとシンプルなスープが
私は好きだった。淀みのないスープと
いう感じ。
木立の中ですするきしめん。
熱田神宮へお参りの際は、
ここできしめんを一杯どうぞ。
★宮きしめん 神宮店
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23004355/

{B9EE5A30-0B33-43F4-B8D5-7AADB31FA0AD}

そして最後は、名古屋メシではないけれ
ども、鹿児島にはないということでチョイス。
“PIERRE MARCOLINI”(ピエール・マルコリーニ)
「ブリュッセルの宝物」とも言われる
ピエール・マルコリーニチョコレートだが、
カフェが併設されているのは、日本では
銀座店と名古屋店のみ。
吸い込まれるように入っていった
かなりスタイリッシュな空間。
そこで私がオーダーしたのは、チョコは
ほぼ関係のない“ソルティーキャラメル
ワッフル”(1296円)
外側がさくっとしたワッフルの上に
キャラメルアイスと生クリーム、そこに
塩キャラメルソールがかかったキャラメ
ル好きにはたまらない一皿。
極め付けはアイスクリームだった。
舌ざわりがなめらかでふわっとした
感が強かった。居心地がよすぎて
ついつい長いした後、外へ出たら
長蛇の列。長時間並んでまでも食べたい
ここのデザートなのだと改めて実感。
★PIERRE MARCOLINI
http://www.pierremarcolini.jp/index2.html
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ
・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

◆“セルフメイドマガジンサポート”を開始!

~セルフマガジンを自分で制作する方向け~
こちら

◆櫻木よしこインスタグラム:
https://www.instagram.com/yoshikosakuragi/

◆櫻木よしこ“IDEA + TOOL for Restart”
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】
★リクエストベースでやっています。
“私のエンディングノート入門講座”

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
12/21(水)10:30~12:30
◆エンディングノート③+ランチ会
http://110010.jimdo.com/

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る