ブログ

何かにトライしようとして足がすくむとき、私の人生はワンチャンスだと思い出そう。

{BC6A27F2-2118-4AC1-BFEE-9745BA09E15C}

変化することを恐れずに進むというのは
勇気がいったり、かなりの不安がつきま
とう。
その先が不透明だから、どうしても
そこへ歩を進めるのを躊躇する。
その先は「成功」か「失敗」のほぼ2択
だから。
歩を進めなければ、自分が失敗すること
もないし、傷つくこともない。
ごく当たり前のことだと思う。
しかしだ。
残り2分の1の可能性を
忘れてしまっていないか?
最近思うのだが、失敗しても「超最悪」
だとか、「生きていけない」っていう
ぐらいのことって、そう頻繁には起きない。
「あ、ちょっと失敗だったかもな~」
ぐらいはあったとしても。
失敗しても、のちのち、それは自分の
経験となり、改善点を見つけたり
今後気をつけようっていうことにも
なるので、もしも最悪な事態になって、
そこから気持ちを立て直すのに
時間がかかったとしても
結果、マイナスだけで終わることは
少ないのではないかとも思う。
人生の折り返し地点を過ぎて思うことは
あとどれくらいトライを続けることが
できるのだろうということだ。
トライといっても、その大小は
ひとそれぞれで、ある人にとっては
「それぐらい大したことないじゃない」
っていうことでも、別の人にとっては
「かなり大したこと」だったりする。
自分なりのトライのことだ。
これまでを振り返って、周囲を見渡した
とき、わりと多くのトライを続けて
きたように思う。
「今度はそういうことやるんだね」
「いつの間にそういうことになってたの?」
など、久しぶりに会う友人たちから
興味津々のまなざしで見られることも
少なくない。
いろいろなトライを続けてきたから、
変化に対し、ある程度柔軟に対応できる
部分もあるように思う。
もちろん、私だってビビリの部分はたくさんあるけれども。
こういうことには育った環境、本人の
性質なども大きく関係するかもしれない。
でもいい大人になってから、そこを
言い訳にすることには疑問が残る。
判断力だってちゃんとあるだろうに。
トライすることで見えることは
たくさんあり、感じることもたくさん
あり、思わぬ出会いもある。
だから、失敗があっても私はトライを
続けるのだろう。
もし生まれ変わりがあるとしても
私が「櫻木よしこ」として、この人生
の続きを生きられるわけでもないし
やり直しができるわけでもない。
いただいた命はひとつだけ。
ワンチャンスだけなんだ。
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ
かさこ塾フェスタ名古屋に
“セルフマガジン編集アドバイス”
として出展!(残席3)

予約・詳細は⇒こちら
日時:2016年11月26日(土)
   10:00~18:00
場所:Space D (A Hall)
住所:愛知県名古屋市中区新栄2-1-9
雲竜FLEXビル西館5F 
交通:地下鉄東山線・新栄町駅2番出口徒歩2分

※名古屋フェスタまで待てないと
いう方は、以下にオンラインでの
「編集アドバイス」の案内もありますので、ご参照ください。
◆櫻木よしこインスタグラム:
https://www.instagram.com/yoshikosakuragi/
櫻木よしこ“IDEA + TOOL for Restart”
・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
image

◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず
、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】
★リクエストベースでやっています。
“私のエンディングノート入門講座”
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
12/21(水)10:30~12:30
◆エンディングノート③+ランチ会
http://110010.jimdo.com/

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る