ブログ

私が旧姓をペンネームとして使い続けている理由

{1FEEEB81-51BD-48B9-B217-5E064EF80A4E:01}

“櫻木よしこ”という名前は本名
ではありません。
旧姓です、そして“よしこ”も
本当は漢字です。
ではなぜ、この名前を仕事で使っているのか?
①ジャーナリストの“櫻井よしこ”
さんと一字違いで、覚えてもらい
やすい。
②独身時代が長かったため今更
婚姻後の名前で仕事をするのは
あれこれ不都合が生じそうと
判断したから。
③(夫には申し訳ないが)旧姓の
ほうが好きだから。
④姓名判断の結果、これが一番
よかったから。
という4つの理由で、ビジネスネ
ームとして、“櫻木よしこ”という
名前を使っています。
しかしながら、時々、“櫻井さん”と
書いてきたり、“よし子さん”と書い
てくる人もわりといて、「名前をあま
り見ていない人もけっこういるのか
な」と思うこともしばしば。
最悪だったのは“櫻井よし子様”
と書いてきた人がいたこと。
それを見て、「この人って注意力
散漫だ」と一瞬で思った私。
なので、相手の名前を書くときは
くれぐれも注意しなければと自戒
の意味も込めて。
親戚には、旧姓で仕事をしている
ことを伝えていなかったため、
(というか、あえて報告もいらない
だろうと思っていた私)、叔父叔母
が私の写真と名前を新聞広告で
見て、「え? もしかして離婚した
の?」「もしかして夫婦別姓の結
婚だったの?」等、いろいろな
憶測を招いてしまったようで。
旧姓で仕事をすると、こういうこと
もあるのねと思わず笑った一件。
たかが名前、されど名前。仕事を
していく上では、目でも音でも覚え
てもらいやすい印象的な名前にす
るのは大事なことだと思います。
本人は現段階で、この名前で満足
していますが、それよりも私に
オススメのペンネームがありまし
たらぜひアドバイスください!
※メッセンジャーではなぜか“櫻
木ヨシコ”と表記されているので
すが、カタカナではありませんのであしからず。
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ
櫻木よしこ“IDEA + TOOL for Restart”
・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

image

◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず
、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
10/19(水)10:30~12:30
エンディングノート①

http://110010.jimdo.com/

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

【その他】
11月に鹿児島かさこ塾2期開催決定!(残8席)
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る