ブログ

ブログの検索ワードを見て初めて疑問を抱いた「大した苦しみもないかわりに」というフレーズ

自分のブログの検索ワードを時々
見てみると、名前以外で挙がって
くるのが「ビビンシッタン」って
いう韓国料理の店名と「お菓子の
ディスプレイ」
ここまでは鉄板。
そして、今月に至ってはなぜか「大
した苦しみもないかわりに」って
いうのが上位に入っているのです。
なんだこれ?
私、こんなちょっといい感じのフ
レーズなんて記事に使っていた?
そこで、気になって調べてみたら
出元はここだったのです。
私がブログを書き始めて間もない
頃に書いた記事。
「今だからわかる~ エースをね
らえ!に学ぶ珠玉の名言 
私の中のトップ3」

この中に
「大した苦しみもないかわりに、
大した喜びもなく。大した努力も
しないかわりに、大した成果もえ
られず。ぬるま湯につかったように
生きて、死んでゆく人間が多い中で
慟哭を味わえる人間は幸福なのだと!」
(by 桂コーチ)
というのを引用しておりました。
でしょ? やっぱりね。私がこん
なかっちょいいフレーズを使う訳
がない。
小学低学年だった私からすれば
ものすごい大人の中の大人的な
桂コーチのセリフなのですが、
今の私の実年齢からすれば、桂コ
ーチは、けっこうな年下です。
では、今の私が桂コーチのような
セリフを口にできるのか?
答えは推して知るべし。
むり~。とほほ。
検索ワードがきっかけで、自分が
以前書いて思い出しもしなかった
記事を読むきっかけになり、それは
まるでちょっとした卒業アルバム
を見る気分でもありました。
にしても検索上位ワードで名前が
挙がってくるのはいいにしても
“櫻木よし子”は残念すぎる。
ちゃんと考えて、“櫻木よしこ”に
してるんですから。名前はひらがな
で“よしこ”です!
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ
櫻木よしこ“IDEA + TOOL for Restart”
・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

image

◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず
、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
9/21(水)10:30~12:30
第1部「書類の整理術」
第2部「夏で疲れたお肌のお手入れ」

http://110010.jimdo.com/

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

【その他】
11月に鹿児島かさこ塾2期開催予定!
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る