ブログ

“欲しいものは欲しいと言ったほうが勝ち”を地でいく友人に見るストレスを軽減するコツ

{CFEE5A86-6BFE-4F46-A1BE-D3224C0D2C85:01}

「これ、誰か欲しい人いる?」って
言われて、周囲の様子を見つつ、欲
しいけどどうしようかと悩みながら、
結局、他の人に取られてしまうパター
ンの人っていませんか?
もしかして自分がそうだったりします?
他の人に持っていかれたとき、「あれ
は私には縁がなかったものだったん
だ」と、自分を納得させる言い訳をして
自分の心をおさめていく…。
一方、狙った獲物は逃さないと言わん
ばかりに、勢いよく「欲しい!」って
いう人もいますよね。
そういう人の中には、誰もそれをあげ
るとも言っていないのに、「これ欲しい
けど、私にくれない?」っていうぐらい
の勢いで迫ってくるほどの人もいます。
私の友人にひとりだけ、すかさず「欲し
い!」、または「これ欲しいんだけど」
と言う友人がいます。
そういう彼女ともかれこれ20年近くの
付き合いになりますが、彼女に対する
私のイメージは「天真爛漫」「ある
意味わがまま」「自分が大好きで自分
が一番大事」で、
私に対しても「よっちんの友人の中で、
私が一番(の友人)だよね?」と念を
押してくるぐらいのずうずうしさも
兼ね備えています。
しかし、彼女を“がめつい”とか
“嫌なやつ”とは思わないのです。
なぜか?
それは、彼女自身も自分がおいしい
と思ったものや、いいと思うものを
私達友人にも分けてくれるからです。
(物だけに限らず、情報も)
そして、暗くないし、ネチネチと
執拗なキャラでもない。
“give & take”、いや彼女の場合は、
“take &give”。
順番逆でも、成り立っていってます。
循環ですから。
そして、彼女はふか~い悩みをあ
まり抱えていなさそうです。
私が知る限り。
欲しいものを欲しいと言っている
からじゃないかと思うのです。
大なり、小なり欲しいものが手に
入れば、心は満たされていくもの
だと思えます。
彼女に「よく、そんなすぐに欲しい
って言えるね」というと、「だって、
欲しかったんだもん、他の人にとら
れたくないよ~」と返ってきます。
そう、これ大事で本音!
彼女は自分が一番大事!だから
自分の欲求に素直に対処する。
他人がどう思おうが、構わない。
他人のことを気にしても、欲しい
ものが手に入るわけじゃないから。
結果、欲しいものを手に入れている。
これは性格や生まれ持った資質や
育った家庭環境にもよると思うの
ですが、養っていきたい感覚だなと
思うのです。
くれぐれも“take”だけを養わない
ようにお願いいたします。
“give & take”もしくは“take &
give”で!
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
image

◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず
、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
9/21(水)10:30~12:30
第1部「書類の整理術」
第2部「夏で疲れたお肌のお手入れ」

http://110010.jimdo.com/

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

【その他】
11月に鹿児島かさこ塾2期開催予定!
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

かさこ塾フェスタ大分中津に出展します!

・編集アドバイス
・「私のエンディングノート入門」講座

開催日時:2016/9/3(土)10:30~17:00予定
場所:中津文化会館
住所:大分県中津市豊田町14番地38
交通:中津駅から徒歩6分


facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る