ブログ

年齢をあまり意識しない私が良い意味で意識し、でもこれから先もあまり気にせずいこうと思った件

{6B9391E3-C1B3-4833-9DDA-A28F8E9789D4:01}

年を重ねていくことはまんざらでも
ないなと感じさせてくれる出来事が
たまにあります。
先日、高校の先輩・後輩そして同級
生が集う機会があったのですが、
高校時代話したことがある人のほう
が少ないという状況のなか、いい年
齢になっているからか、身構えるこ
ともなくなったなと改めて感じまし
た。
高校時代は皆、自意識過剰の時代な
のか、自分のまわりにいる友達以外
、部活動の絡み以外、交流範囲を
広げることはなかったなあと。
高校時代はきっと強面だっただろう
先輩とも、初めて会話した感もなく、
なんだかスムーズにお話ができて、
話したことがない方々とちょこっと
ずつではありましたが、お話したり
して。
これも年齢を重ねてきたからこそ
で、それぞれの角が丸くなって心地
良く会話が流れていくのだと、年齢
を重ねるのも悪くないと思った次第。
途中、男子同級生が「もう、50前の
いい年のおばさんなんだから…」と
口をはさんできて、カッチーンと
きた私。
「年齢であれこれ判断するなんて
残念ね~。つまらないでしょ、そん
な人生」とつい口をついて出てしま
いました。
同じ年齢なのに、まるっきし考え方
が違う同級生もいる…それもあたり
前のこと。
しかし、年齢に縛られて自分の動き
を制限することほど残念なことは
ないと思うのです。
もちろん、高齢になって周囲に迷惑
をかけてまで自分のやりたいことを
貫くかどうかは熟慮しないといけな
いことではありますが。
でもよくよく考えると、彼が私に
放ったひと言は、つまりは「50前の
いい年のおばさん」に見えなかった
からなのか?
だとしたら、このまま突き進むしか
ないだろう!
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
image

◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず
、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】

★自分で用意したい会葬礼状
“こころの置き手紙”ワークショップ

日時:8月23日(火)
   10:30~12:30
場所:マルヤガーデンズ6Fガーデン
   (鹿児島市)
募集人数:6名
参加費:5000円
    ※無料文章校正付き
     (通常は有料)
     ※筆記用具(鉛筆・消しゴム)要持参
■お問い合わせ・お申込み⇒こちら
  FACEBOOKからは⇒こちら
■参考記事⇒こちら
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
9/21(水)10:30~12:30
第1部「書類の整理術」
第2部「夏で疲れたお肌のお手入れ」

http://110010.jimdo.com/

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

【その他】
11月に鹿児島かさこ塾2期開催予定!
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

かさこ塾フェスタ大分中津に出展します!

・編集アドバイス
・「私のエンディングノート入門」講座

開催日時:2016/9/3(土)10:30~17:00予定
場所:中津文化会館
住所:大分県中津市豊田町14番地38
交通:中津駅から徒歩6分


facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る