ブログ

セルフマガジンのテーマを探すために私がやった3つのこと

image
自身初のセルフマガジン“Restart”が
できあがり、マガジンは私がまだ訪れ
たことのない日本の各地へと旅を始め
ました。
セルフマガジンを作るに当たって、私
が一番時間をかけたのは、何をテーマ
にしようかというところでした。
「ただ想いを伝えたい」マガジンもあ
れば、「仕事くれくれ」マガジンも
あったりで、そのどちらも意図とする
ものがあるので、それはそれでいいの
ですが、私自身はどうしようかと…。
マガジンの根底に流れるテーマを探す
ために以下のことをしました。

①自分を振り返る

ここ2、3年の間に起きた出来事は、
かつて経験したことがないことで、人
生感が大きく変わりました。そこから
今日までを振り返り、なぜセルフマガ
ジンを作るまでに至ったのかを考えて
みました。
そこで考えたこと、思いついたことを
メモしておきました。
②近くにいる人と話す
一番近くにいる人物、つまり夫といろ
いろな話をしました。「マガジンにこ
れとこれを入れようとは思うんだけど
…」というテーマ探しに苦戦している
ことを伝えて、それと関係あること
ないこと、さまざまな話をしました。
会話の中からキーワードが見えてきて
すかさずそれをメモ!
③自分の周囲にいる友人たちのこと
を考えてみる

彼・彼女たちは何に悩み、何にストレ
スを抱えているのか、友人たちから
聞いた言葉を思い出してみました。
※まとめ
①から③の行為でメモしたことを再び
見直して、じっくりとあれこれ考え
ているうちに、感覚的に降りてきた
言葉が“Restart”、つまり再起動・
再出発でした。
・やりたいことがあるけど、どうやっ
 たらいいかわからない
・その勇気がもてない
・私の人生このままでいいとは思わな
 いけど、まだ間に合うのかな
など、私はこういうことを考えている
人たちへ私なりの応援マガジンを作り
たいと思ったのです。
自分の人生を誰かがうまく軌道修正
してくれるはずもなく、それは自分
でしかできないこと。
人生が終わる瞬間を想像したときに
残る後悔があるとしたら、それを
極力減らしたい、私らしく人生を
生きたと思えるようにしたい。
私も含めて、せめて近くにいる人達
が人生をあきらめる前に、ちょっと
でも何かにトライしてみようかなと
思ってもらえたら…。そういう気持
ちで作りました。
その気持ちに編集者として、エンデ
ィングノート講師としてできること
を乗せて、提案型のマガジンを製作
しました!
「セルフマガジンを作りたいけど、
どういう内容にすればいいのかわか
らない」など、お困りの方はオン
ラインで編集アドバイスしますので
下記までお気軽にお問い合わせください。
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
image
◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!
3000円/1時間
関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
7/20(水)10:30~12:30
第1部「思い出の品の整理術」
第2部「神社詣でと御朱印帳」」
goo.gl/k1N91s

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

【その他】

かさこ塾鹿児島2期に参加希望の場合は
https://www.facebook.com/events/245140429202026/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る