ブログ

セルフマガジンに“付録”を付けてみるという小さなトライが次への原動力となりました。

{5D05C26B-B870-46FE-AB55-C09FCC65D981:01}

私のセルフマガジンを手にとって
くださった方は、まず“付録”に
目が留まる方がほとんどです。
この付録とは、「自分で用意した
い会葬礼状“こころの置き手紙”」
のモニターさんの文面です。
最初からこの付録を付ける予定では
なかったのですが、ページの都合上
入れ込むのが無理だったので、頭を
ひねった結果、「付録にしてみよう」
というアイデアが浮かびました。
しかし、ともすればマガジンの全体
的なイメージが“終活一色”になって
しまうかもしれないという恐れもあり
ました。
作り手にそういう考えはなくても、
読み手がどういうイメージで受け取る
かは様々なので。
“付録”というと、小さい頃は「小学
○年生」シリーズについていた毎月
ワクワクのアイテム、そして今は、
女性ファッション誌のブランドポーチ
等など、楽しい気持ちを喚起するもの
ですが、私がつけた付録はそことは
ほど遠いものです。
しかし、今回「自分で用意したい会葬
礼状」の文面を付録としたことで
少なからず興味を引き、読んでもらえ
る確率はぐっと上がり、複数の方々か
ら嬉しい感想をいただいています。
「終活に興味はなくても、この手紙を
読むことでぐっと引き込まれた」
「自分は子供にこういう手紙を会葬
礼状として残したい」
「この会葬礼状は本当に自分ができる
最後のサプライズだと思う」等。
「心の中にまだ燃料は残っています
か?」というコピーを表紙に出して
いる私のセルフマガジンの根底に流
れるのは、“後悔をできるだけ少なく
生きる”というのがテーマなので、
“付録を付けた”ことも試さずに後悔
したくはなかったという、私なりの
小さなトライでもありました。
ちょっと何か目立たせたいというもの
があれば、“付録”としてセルフマガ
ジンに入れ込むのもひとつのポイント
だと実感しています!
付録を別に作ってマガジンに入れ込む
という手間はかかりますが、それでも
手間をかけたその気持ちが自分のマガ
ジンへの愛着にもなります。
遊びゴコロも同時に忘れずに。
そして、ここから派生した次のトライ
として「自分で会葬礼状を書いてみる」
というワークショップも開催します。
限られた時間の中で、自分の最期につ
いてぐっと見つめていくことは、これ
からをよりよく、自分らしく生きる
ことに繋がると確信しています。
自分で用意したい会葬礼状
“こころの置き手紙”ワークショップ

日時:8月23日(火) 10:30~12:30
場所:マルヤガーデンズ6F(ガーデン6)
     鹿児島市呉服町6-5
定員:6名  
参加費:5000円 ※文章校正無料(通常別途1000円)
持ち物:筆記用具(鉛筆・消しゴム)
詳細⇒こちら
FBからの申し込み⇒こちら
参考記事⇒こちら
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ
・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

image
◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!
3000円/1時間
関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
8/17(水)10:30~12:30
第1部「葬送の種類」
第2部「秋のしつらえ」
http://110010.jimdo.com/

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

【その他】

かさこ塾鹿児島2期に参加希望の場合は
https://www.facebook.com/events/245140429202026/
facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る