ブログ

セルフマガジンを作る作業は、エンディングノートを書く作業にも似て。

{B27FF7F6-216E-412C-8002-F0FCD9DEEBA1:01}

今、鬼の形相になりながら、福岡か
さこ塾フェスタに持っていくべく、
セルフマガジンを作っています。
と書くと、本当にそう思われる方
もいらっしゃるので、綱渡り的
という表現に変えたいと思います。
さて、そんななか、セルフマガジン
を作りながら、思ったことがありました。
「これって、エンディングノートを
書くのと似てる~」って。
何を入れようか、自分は何ができる
のか? 自分はこれまで何をして
きたのか?
自分の人生を振り返りまくる作業は
まさしくエンディングノートと同じです。
どの写真を入れようか? とあれ
これ写真を引っ張り出してきて、
それらを見ていると様々なことが
思い出され、すっかり忘れていた
ことまで記憶のかなたから一瞬で
蘇ってきました。
固まっていた脳が緩んできた感じ
とでもいいましょうか。
振り返る作業はときに自分を元気
にしてくれたり、ときにズドーンと
落ち込ませ、そして、これから先
の自分への応援材料を見つけること
もあります。
セルフマガジンで自分を語るって
いうことは、今、頭の中で思い
つくだけの材料で書くよりは、
振り返り作業によって、自分が
経験したことや想いという材料
を寄せ集めて、それらをもとに
作ったほうが、説得力のあるもの
になるに違いない。
セルフマガジンを作る人もそうで
ない人もエンディングノートを書く
ということは、忘れていた自分を
思い出すということにおいて、非常
に有効です!
自分が先へ進むための後押し材料を
整えることにも繋がりますから。
ということで、15日(水)は終活
ワークショップでは、エンディング
ノートを書きます。
(3回シリーズの最終回)
自分の気持ちと向き合う回となり
ます。
「ちょっとそれだけでも参加して
みようかな」という方、お気軽に
お申込みください!
きっと想像以上に新鮮な気持ちに
なると思います。
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
6/15(水)10:30~12:30
4月、5月、6月は3回シリーズで
エンディングノートを書いていきます。
6月はワークショップの後、ランチ会も予定しています!

goo.gl/k1N91s
私も“編集アドバイス”(ダメ出し
アドバイス含む)
として出展します!

6/25(土)@かさこ塾フェスタ福岡

{F1AA5513-72A8-44E3-B25A-9D9E53CD4C54:01}


編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

【終活関連のお知らせ】

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る