ブログ

認知症介護の大先輩・松元佳子さんに話を聞く、聞いてもらう!

{C0633CB4-49C1-450D-8A77-119DEBB5CA1A:01}

自分の周りに高齢者がいれば、ちら
ほらと認知症の方がいらっしゃる
はずです。
私もご多分にもれず…で、行って
まいりました“認知症介護について
のお茶会”。
主催されたのは、認知症介護歴20年
、鹿児島市在住の松元佳子さん。
お母様が20年前に若年性アルツハイ
マーを発症、脳卒中を患ったお父様が
8年前に血管性認知症となられて、
以降ご両親の認知症介護に寄り添って
こられた方です。
とにかく松元さんの中には、認知症
についての知識や、寄り添い方、
そこにかかわっている方々の情報、
家族が認知症になったとき、どうす
ればいいか…など、認知症介護ビギ
ナーから、そのことに振り回されて
いる最中の方、途方にくれている方
への様々なアドバイスが溢れんばかり
に詰まっています。
私にはそう感じられました。
ひと口に20年の認知症介護と言って
も、松元さんご自身が20代前半から
というお話です。
自分の身に置き換えてみたら「私は
そこまでできるだろうか?」と思っ
てしまいました。
ご自身のお仕事、結婚ということも
関係しながら、松元さんはそこから
逃げずに、20年もの歳月をご両親の
認知症介護とともに歩んでこられました。
こういう方が認知症介護についての
行政の窓口にいらしたら、そこに
駆け込む人たちも救われるだろうに
と思ってしまったのは私の本音です。
認知症介護がはじまり戸惑っている
方々やまさにそこの渦中にいる方、
いつ終わるかわからない認知症介護
という現実に直面している方そして
「もしかして私の親って認知症?」
という疑問が生まれ始めている方も
松元さんとお会いして、お話されて
みてはいかがでしょうか?
20年もの経験からくる話や情報、
知識で、解決できる悩みは少なく
ないと思います。介護する側の心情
もよくわかっていらっしゃるので…。
個人セッションも受け付けていらっ
しゃるとのことなので、松元さんの
ブログの「メッセージを送る」から
ぜひお問い合わせください。
笑顔が素敵な松元さんにお会いする
だけでも元気になりますよ!
★松元佳子さんのブログ
http://ameblo.jp/kosyokosyokosyo/
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ
★私も“編集アドバイス”として出展します!

6/25(土)@かさこ塾フェスタ福岡

{F1AA5513-72A8-44E3-B25A-9D9E53CD4C54:01}

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
5/18(水)10:30~12:30
4月、5月、6月は3回シリーズで
エンディングノートを書いていきます。
※今回はゲストをお招きして
「認知症介護のお話」もあります。

goo.gl/k1N91s

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る