ブログ

“経験+知識”という水が溢れんばかりにコップ一杯になっていませんか?

{748D4813-8B96-4B59-8512-7B9D13915E4B:01}

豊富な経験や本当に伝えたいことが
あるなら、それをアウトプットする
手段や場所を早く見つけ出したほうが
自分のためだけでなく、それを必要
とする人たちのためにもなる…
そう実感したのは、昨日、私たちの
終活ワークショップ“petit shu
(プティシュー)”
にて、ゲストスピ
ーカーとしてお招きした松元佳子さん
のお話をお伺いして思ったことでした。
松元さんはお母様が20年前に若年性
アルツハイマーを発症、脳卒中を患っ
たお父様が8年前に血管性認知症と
なられて、以降ご両親の認知症に
寄り添ってこられました。
詳しくは
http://ameblo.jp/syd1990/entry-12158828243.html
今回、松元さんと対談をさせていた
だくにあたり、その20年にも及ぶ
ご両親との日々を通しての経験や知識
についてはもちろんですが、それらを
どうやって、どういう切り口で限ら
れた時間内で皆さんにお伝えするのが
いいのか…ということを、二人でいろ
いろと打ち合わせをしました。
昨日までに松元さんは、ご自分が蓄積
されてきたありとあらゆる情報を改め
て見直され、さらにいろいろと調べて
入念な準備をされてきたことは、やり
とりの中から、そして彼女が準備され
ていたものから見てとれました。
そして、思ったのです。
松元さんをコップに例えるなら、伝え
たいこと、伝えたほうが誰かの役に
立つことがコップ一杯になって溢れん
ばかりになっている。
それは知識だけではなく、何ごとにも
代えがたい経験という大きな財産でも
あり、強味であると。
ご両親の状況やご自身の気持ちのタイ
ミングが合わさって、それらを伝える
というアウトプットの時期に入られた
のだろうなと。
種類は違えど、松元さんのようにイン
プットしたものがコップ一杯になって
アウトプットの時期になっている方も
たくさんいらっしゃると思います。
そういう方々が経験や知識をどんどん
シェアしてくだされば、「あぁ、話を
聞けてよかった」「助かった」という
人たちがいると思うのです。
ご自分のコップは一杯になってはいませんか?
宝の持ち腐れにご注意ください。
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ
★私も“編集アドバイス”として出展します!

6/25(土)@かさこ塾フェスタ福岡

{F1AA5513-72A8-44E3-B25A-9D9E53CD4C54:01}

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
6/15(水)10:30~12:30
4月、5月、6月は3回シリーズで
エンディングノートを書いていきます。
6月はワークショップの後、ランチ会も予定しています!

goo.gl/k1N91s

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る