ブログ

“吹上浜・砂の祭典”に見る砂像の作り方をお伝えします!

{16166800-F0FF-4E76-9F29-079B2D8EF4A0:01}

今年も私の故郷、鹿児島県南さつま
市のイベント“吹上浜砂の祭典”へ
足を運んできました!

{39D7CD7E-97D1-41FC-9DED-D06B6B1B16CF:01}

1987年から続いているこのイベント
ですが、実は私、第1回目と2回目
に通訳兼砂像製作スタッフとして
参加しています。

{16CB9E5F-BE9B-4339-9F39-B45D127C40C5:01}

イベントが始まった当初は、アメ
リカから砂像アーティストが
10名以上やってきたので、各人に
通訳1名が付き、地元のスタッフ
とともにチームを組んで、大きな
砂像を作りました。
確か1週間ぐらい毎日、朝から
夕方までつきっきりで作業して
いたと思います。

{1DAF6BF6-5369-44B7-A0E2-BB1F2F19ABC1:01}

図に描いたように、まるでピラミ
ッドのような木枠を最初に作り、
そこへ上から大量の砂と水を投入
し、撹拌し、水が抜けるまで待ち
、砂を彫りやすいように締めるの
です。
そして、数メートルはある木枠の
上に、製作する人たちがのぼり、
木枠を上から外しながら、砂像を
彫っていきます。

{857DDCB2-039F-4D76-8E19-2393D3D40E9D:01}

彫り終わった場所は、崩れない
ように、環境に優しいボンドを
吹き付けて、固めます。

{D202094B-CB28-4DAC-8FC3-D5CE5A78291D:01}

この方は口にストローをくわえて
いますが、細かい部分を彫るときに
彫った砂をストローを使って吹き飛
ばし、よりシャープなラインやコー
ナーを作っていくのです。
5月いっぱいまでは砂像が残って
いるので、興味のある方はぜひ
足をお運びください!
詳しくは
http://www.sand-minamisatsuma.jp/
【砂の祭典関連ブログ】
★鹿児島の終活行政書士絵日記♪
http://ameblo.jp/wwtk/entry-12156357270.html
★kosyokosyokosyoの認知症両親介護の日々
http://ameblo.jp/kosyokosyokosyo/entry-12156787810.html
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

※FBのメッセンジャーからの問い
合わせもOKです。
https://www.facebook.com/yoshiko.sakuragi

どなたでも参加できるブログ塾講座を担当します!
5/7(土)13:00~14:30

http://ameblo.jp/rosewohl/entry-12028360033.html

★私も“編集アドバイス”として出展します!
6/25(土)@かさこ塾フェスタ福岡

{F1AA5513-72A8-44E3-B25A-9D9E53CD4C54:01}

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
5/18(水)10:30~12:30
4月、5月、6月は3回シリーズで
エンディングノートを書いていきます。
※今回はゲストをお招きして
「認知症介護のお話」もあります。

goo.gl/k1N91s

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る