ブログ

バレなければ、記事をパクってもいいのでしょうか?

{F9E9FCD0-0160-4895-9ACB-24E6A03AFBB2:01}

自分の記事がパクられました。
非常にわかりやすい形でそれは私の
目の前に現れました。
FBでシェアされている記事の序文を
読んで、「あれ? 私の文章…だよ
ね?」と。
最初は、「あ、引用かな?」と思っ
たのですが、全文を読むと、記事の
ほぼ全部、というか、数箇所にその
人の文章が1行ほど差し込まれて
あって、あとは私の文章を一言一句
変えずにコピペ。
パクられた私の記事は、コレです。
「あなたは“人生の終い方”について
考えたことがありますか?」

どういう風にパクられたかというと、
出だしからポイントとなる文章の塊を
まんまパクってつなぎ合わせた仕上が
りになっています。
確信犯かそのあたりの知識がなくて
知らずにやってしまいました的なのか
わかりませんが、いずれにしても
全文の9割以上をパクるってどうなの?
その記事は番組を見て書いた私の感想
であって、パクった人の感想ではない
のに…。
記事のテーマがテーマなだけにさらに
不快感が募りました。
その記事をパクるっていうことは、
そういう関連のお仕事をなさっている
方です。
「ネットにアップされているものを
勝手にパクッて無断転載するのはほと
んどの場合がNGだが、唯一、勝手に
使っていい場合がある。
文章の引用だ。文章の引用なら、相手
に許可を取る必要もない
~中略~
ちなみに私のブログ文章を一部分引用
したければ、出所を明示し、どこを
引用したかをはっきりさせ、文章を
改変しなければ、私に許可なく文章の
一部分を引用してもOKだ。

(かさこさんのブログ記事“覚えて
おきたい!ネット上で文章の引用を
してOKな6つのルール”
より)
パクった人は、文章の引用という形で
「櫻木よしこさんのブログより引用
http://ameblo.jp/syd1990/entry-12163896909.
html」と書いておけば、問題なかった
ものの、自分の記事の中に取り込んで
いるという時点でアウトです。
パクらなければ、記事を書けないの
なら、ブログなんかやめてしまえばいい。
つまらなくても平凡でも一行でもいい
からオリジナル記事をアップすると
いうことに価値があると私は思います。
説得力のある内容だったり、読み応え
のある内容だったりをいつもいつも
書く必要はないし、自分をよりすごい
人に見せる必要もまったくないと…。
その人の記事をいくつか読みましたが
パクりであろう記事とオリジナル記事
が混在していました。
職業柄、その違いぐらいはわかります。
「コイツの記事はあまり読まれてなさ
そうだから、パクってもバレないだろ
う」って思われたに違いない。
それはそれでちょっと、とほほ~。
無知がゆえにしてしまうことは誰に
でもあります。でも、知識として
学んだなら次はちゃんとルールを
守りましょう。
もし、2度目があったら名指しで
警告します!
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ
★私も“編集アドバイス”として出展します!

6/25(土)@かさこ塾フェスタ福岡

{F1AA5513-72A8-44E3-B25A-9D9E53CD4C54:01}

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【終活関連のお知らせ】

終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
6/15(水)10:30~12:30
4月、5月、6月は3回シリーズで
エンディングノートを書いていきます。
6月はワークショップの後、ランチ会も予定しています!

goo.gl/k1N91s

エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS

あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る