ブログ

フェイスブックから飛び出して、リアルでは初めて会う人たちがたくさんいる中に身を置く不思議

{4E849200-1081-40D4-BC0A-015687FB5D42:01}
フェイスブックではすでに友達だけど
リアルでは初めて会うという人たちが
たくさんいる場所(博多)へ赴きました!
初めて会うのに、昨日も会ってた感が
あって、妙に堅苦しいあいさつもなし
で、「あ、きてたんだね?」という
違和感なしの不思義な感覚はなんだろう。
リアルでは初めてなのに、何をいまさ
らが否めない名刺交換。
フェイスブックのアイコンの写真と
若干リアルが違うパターンを見ると、
やはりフェイスブックの写真は、現状
に近いものにしていたほうが無難と再認識。
アイコンを写真ではなく、イラストに
してるパターンの方のリアルを見ると
イラストにいかに特徴を盛り込むかが、
大きなポイントだなと。イラストとリ
アルの整合性が取れて納得のパターン
の場合、イラストを使うことが優位に
働いているとうなづけたり。
それぞれの近況はブログやフェイス
ブックにアップされている記事を見て
おおよそ把握していることから、初め
ての会話にありがちな若干的外れな
質問をする危険性も少ない。
リアルでは、初めての人たちばかり
なのに、部屋へ入ったとたん、アイ
コンタクトで、すぐに馴染めるっていい。
相手を知るための探りあいの会話も
不要で、限られた時間内で必要な話が
できるからムダがない。
フェイスブックでは友達だけど、リア
ルでは会ったことがないという人が
いるなら、ぜひリアルで会う感覚を
試して欲しいです!
浅い会話だけではなく、もう一歩入っ
た会話ができて、今までの自分の世界
が広がる感じがします。
編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ
facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る