ブログ

鹿児島で大雪が降ったことにより、何が起こって、私は何を考えたか。

{D7201368-46C3-4025-85C3-08AD2DCAF344:01}

【写真は今朝の鹿児島:自宅前です】
はい、“ごみ収集の見合わせ”という
事態が発生しました!
プラスして、昨日は
・山形屋(鹿児島の老舗デパート)
 がクローズ
・アミュプラザ(駅ビル)がクロ
 -ズ
これって、鹿児島市・県民にとって
は、へぇ~っていうことかもしれません。
あとは、交通網が乱れて、JRも
飛行機も路面電車もフェリーもバス
もすべて運休とか、高速道路通行止め。
(未だ一部それは続いています)
学校が休校、会社によっては今日も
休みみたいな状況です。
私に何が起こったか?
まず、ベランダでちっちゃな雪だる
まを作りました。
そして、雪を食べてみました。
外へ出て、雪の上を歩くギシギシ感
を満喫しました。
さらには、頻繁に窓際にいき、雪が
降り積もる様子を見ていました。
傍から見たら、笑っちゃうぐらいに
チェックしていました。
まるで、子供です。
大雪は非日常なので、いろいろな
事が「雪だから仕方ない」で
済まされてしまいます。
降灰や台風には慣れていて、様子が
つかめたりしますが、こと雪に関し
ては、ド素人の私たち。
雪が積もる外へ出るには重装備が
必要で、歩いてでかけたら(近所は
散歩してみましたが)転ぶだろうし
とか、遠出するには車が必要で…
となると、チェーンをつけなきゃ
で、なんとも外出が億劫になること
この上ない。
気軽に外出できない閉塞感。
ロシア(いきなりロシアでなくて
も北海道あたりでも良いのですが)
とかで、文豪やすぐれた芸術家が
出てきているのが、わかる気がしました。
だって外へ出られなければ、自然
と内(内なる自分)へ向かうしか
なくなるわけで…。
雪がしんしんと降り積もる不思議
な静けさや、がさっと木から雪が
落ちる音…滅多に経験できない
感覚です。
しばし、この体験を堪能したいと
思いますが、そろそろ雪がとけ
出していきそうな、残念な気配。
いつもよりは、まだまだ雪が
残りそうではありますが…。
雪を惜しみつつ、日常が戻って
くることでしょう。
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
編集者・ライター  
                   
             櫻木よしこ
“40代のエンディングノート”@サンエールかごしま
1/30(土) 10:00~12:00

goo.gl/rKaOQ8
エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS
★鹿児島で初の“かさこ塾”が開催されます!
2/8(月) 2/22(月) 3/7(月) 3/22(火)<全4回>

http://kasakoblog.exblog.jp/23880416/
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
2/16(火)10:30~12:30
goo.gl/k1N91s
あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/
facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る