ブログ

数の子を食べないお正月なんて。

{EE47DC92-DECA-46AF-AC32-318220AAF88D:01}
私はおせち料理の中で“数の子”
が、一番好きです。
人生最後の食事には数の子を入れ
たいぐらいに好きです。
どれほど好きかと言うと、私がまだ
小さかった頃、我が母が、冗談で
「今年はうちはお金がないから
お正月には数の子を買えない」と、
言ったら、
「私のお年玉を使って数の子を買っ
て」というぐらいに、数の子がたま
らなく好きです。
ただし、ベストな数の子は、塩抜き
をした後、出汁に漬け込んだ数の子
です。
これと白ごはんがあれば、他には
何もいらないぐらいです。
なのに、このお正月は、ノロウィルス
のせいで、一切れも口にしておらず。
食指が動きません。
というより、やっとおかゆを口にした
程度。
なんということでしょう。物心ついた
頃から、必ず元旦の一口は数の子だっ
たのに。
私に物事に固執するなという神様から
の思し召しなのだろうか。
人生初の数の子を食べないお正月。
お正月感をまったく感じない新年の
幕開けに、気抜けすら感じますが、
やはり、いざという時(数の子
を食べる)に、万全であるように
日頃から備えよ!ということに
違いないと、自分で自分を鼓舞
するまだベッドの中の私です。
編集者、ライター、終活カウンセラー、
エンディングノート書き方講師
                                    櫻木よしこ

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る