ブログ

ノロウィルスにかかったことは、災いだったのでしょうか?

元旦から発症したノロウィルスの
おかげで、いろいろな方々からお
見舞いコメントをいただきました。
どうもありがとうございました。
そのいただいたコメントの中で
考えることがあったので、以下
ご紹介したいと思います。
Aさんは
「新年早々、大変な厄落としでした
ね!❤ 今年は、よい年になります
よ!(^∇^)❤」

(1/3のブログに記載済み)
Bさんは
「お正月は災難だったね。ノロウィ
ルスをもらうかどうかなんて、運
次第としか言いようかないもんねぇ」

AさんBさんどちらからも優しい気
持ちは伝わってきます。
私は、Bさんからこのコメントをも
らった時に、「あ、これって災難
とも思われるんだ」と、初めて
気づいたわけです。
私は、災難などとはまったく思って
おらず、これから一年、気をつける
ことを身をもって教えてもらったん
だと思っていました。
確かに、具合はかなり悪かったで
すけれども、そんな中で、こういう
ことを思っていたのです。
そして
Bさんが
「運次第としか~」っていうのを
読んで、
「運が悪かったって思われてるん
だなあ」と、これまた人の考え方
や捉え方を面白く思いました。
Bさんが何も悪気がないことは、
ちゃんとわかっています。
単なるその人なりの表現だと
いうことも…。
なんせ、35年ぐらいのお付き合い
なので。
“新年早々、ノロウィルスにかか
った人”に対して、いろいろな
見解があるんだと、それが面白く
てブログに書きたくなりました。
そして、今思ったこと。
“災い転じて福となす”の一年
にしようと。
いや、でも、私自身、ノロウィル
スにかかったことが、災いだと
思ってないから、これでもないな。
“果報は寝て待て”ぐらいにして
おきます。
編集者・ライター・上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方セミナー講師  
                   
             櫻木よしこ
★鹿児島でかさこ塾決定!
2/8(月) 2/22(月) 3/7(月) 3/22(火)<全4回>

http://kasakoblog.exblog.jp/23880416/
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)開催
1/19(火)10:30~12:30
http://110010.jimdo.com/%EF%BC%95%EF%BC%90-%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97/
あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る