ブログ

アウトプットできる場所があると、いろいろなものが目に飛び込んできます。

{DB17D67B-1F98-4951-8E3A-EE5F233554F6:01}

少し前までの私は「あ、いいな、
この構図」とか、「きれいだな」
とか、写真に撮りたくなる被写体を
目にしても、あまり撮影をしていませんでした。
プライベートの場合ですが…。
理由は簡単です。
それをアウトプットする場所がなかったから。
もちろん、撮らずにはおられない
ものがあったら、撮ってはいました
が、それは家族や友人たちに見せておしまい。
しかし、ブログを始めて、FBの更新
をリスタートさせてからは、印象的
な景色やおいしそうなものを目にす
ると、つい撮影してしまう自分がい
ます。
そして、「次は何かおもしろそうな
ものが出てきそう」という気配も察
知して、構えてしまいます。
「とりに行く!」というハンターモードの自分がいます。
こういうモードになると、いろいろなものが目に入ってきます。
かなり久しぶりです、こういう感覚。
このお食事会のときもそうでした。
このとき→http://ameblo.jp/syd1990/entry-12100837785.html
サーブされる料理をバシバシと撮り
まくっていたら、同業者の友人たち
が、被写体周辺にある、映りこまな
いほうがいいものをちゃちゃっと
わきに寄せてくれて、「いやあ、
わかってくれてるね、この人たち」
と、そのコンビネーションにも嬉しくなりました!
話は脇道にそれましたが、
自分が美しい、おいしそう、笑える、
おかしいと思えるものをいろいろな
人たちとシェアできるって、やはり面白い!
「え? こういう写真にウケてくれるんだ」
「この人って私と“ツボ”が同じなんだ」
など、発見もあります。
遅ればせながらなのかもしれません
が、再び、このことに気づけてよかったです。
アウトプットについてもっと意義深く
書いてくださっているのが、かさこさんのこのブログです。
http://kasakoblog.exblog.jp/22020409/
編集者・ライター・終活カウンセラー
エンディングノートの書き方セミナー講師  
                   
             櫻木よしこ
★私が手がけています!
自分で用意する会葬礼状 【こころの置き手紙】
http://oki-tegami.jimdo.com/
お知らせ
私が所属する鹿児島市の終活カウンセラーの団体
50+(フィフティプラス)
毎月第3火曜日に終活ワークショップ
petit shu (プティ シュー)
を開催しています。

次回は12月15日(火)の開催で、
3回シリーズの完結編です。エンディングノート作成に取り組み中です!

ちょっとでも興味がある方はお気軽にどうぞ!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る