ブログ

3歳ぐらいの時の記憶がはっきりとある人ってどれぐらいいますか?

「私が3歳の時、こんなことがあって
ね…」と、3歳もしくはそれよりも小
さい時の思い出を如実に語る人の話を
私はあまり信じません。
なぜなら私自身が5歳の時からの記憶
しかないからです。
というと、偏見に思われてしまいそう
ですが、如実なストーリーとして語る
には、子供の頃の記憶は断片的だから
です。
それをストーリー仕立てで語るには
どうしても無理があるだろうっていう私なりの判断です。
例えば、私が覚えていることといえば
幼稚園の時の手痛い思い出。
こちら
名古屋に出張する父に付いていって、
寝台列車の天井が低くて、閉所恐怖
症的な感覚を覚えたこと。
名古屋タワーの足元の公園?に鳩が
たくさんいて怖かったこと。
初めて食べた赤ダシのなめこのお味
噌汁が激ウマだったこと…ぐらいです。
これらは、すべて自分が強く感じたことです。
3歳ぐらいの時の記憶はどうしても思い
出せません。
3歳ぐらいの時にもちろん感情の揺れ
はあったと思いますが、それらは無意
識にインプットされていて、その後の
私の人間形成に影響を及ぼしてるのか
もしれませんが、はっきりとした記憶
としてはまったく思い出せません。
なので、5歳以下の時の話を自分の記
憶として、すらすらと話す人は、写真
を見ての想像か、親から聞かされたエ
ピソードを自分が覚えているかのよう
に話すかのどちらかだろうなと、ついつい憶測してしまうのです。
小さい頃の記憶ってだいたい幼稚園ぐ
らいからのものじゃないのでしょうか?
編集者・ライター・終活カウンセラー
エンディングノートの書き方セミナー講師  
                   
            櫻木よしこ
お知らせ その1
いよいよ、明日です!
満席により、さらに5席追加しました!(残席4)


有名ブロガーとしてその名を知られる
かさこさんが
鹿児島で11月9日(月)にブログ術
講義
を開いてくださることが
決定しました! 
↓  ↓  ↓
http://kasakoblog.exblog.jp/23680082/

この講義でイマイチな私の人生を
プラスにできるヒントが見つかる
かもしれない
です!
お知らせ その2

私が所属する鹿児島市の終活カウンセラーの団体
50+(フィフティプラス)
毎月第3火曜日に終活ワークショップ
petit shu (プティ シュー)
を開催しています。
次回は11月17日(火)の開催で、
3回シリーズの2回目です。エンディングノート作成に取り組みます!

ちょっとでも興味がある方はお気軽にどうぞ!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る