ブログ

「作品は 世に出してこそ なんぼかな」カフェで見つけた川柳の小作品集について思うこと

{47B0F730-AF6F-445B-92D3-C75682C3A7A0:01}

先日訪れたカフェのレジ脇に置いて
あった“くすっと笑える おもしろ
川柳”という川柳ミニミニ作品集。
いや、4作品しか掲載されていな
いので、作品集と言えるほどでもないような。

{FC1EAA15-E4A8-4506-AA86-906E9523E263:01}

「そう言えば やろうとしたこと 何だっけ?」
「デザートは 昔ケーキで 今くすり」
「日帰りで 行ってみたいな 天国に」
「一言うと 百ほど返す 妻元気」

すべてフリーハンドで、素朴なイラスト付きです。
はてさて、誰が作ったのか・・
詠み人知らずなのであります。
どうやらセルフブランディングが目的ではなさそうです。
匿名でランドセルを寄付する
足ながおじさん的な感じで
匿名で笑いを提供するウィットに富んだ人であることは間違いなさそうです。
手の平にのるサイズの中に
たった4句だけが収められたミニミニ作品集。
世の中まだまだ捨てたもん
じゃないなと思わせてくれます。
しかも、私に俳句と川柳の違いまで調べさせてくれました。
その結果、どちらも5-7-5なのですが、
俳句→文語表現で季語を必要とする
川柳→口語表現で季語は関係ない
ここで一句。
「作品は 世に出してこそ なんぼかな」
あぁ、川柳のセンスはなさそうです。
編集者・ライター・終活カウンセラー
エンディングノートの書き方セミナー講師  
                   
             櫻木よしこ
★私が手がけています!
自分で用意する会葬礼状 【こころの置き手紙】
http://oki-tegami.jimdo.com/
お知らせ
私が所属する鹿児島市の終活カウンセラーの団体
50+(フィフティプラス)
毎月第3火曜日に終活ワークショップ
petit shu (プティ シュー)
を開催しています。

次回は12月15日(火)の開催で、
3回シリーズの完結編です。エンディングノート作成に取り組み中です!

ちょっとでも興味がある方はお気軽にどうぞ!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る