ブログ

“お父さんの餃子”というゆるぎないセルフブランディング

{DF08CC18-C34C-4420-86E4-E0C01A504F80:01}

上京すると楽しみにしていることがあ

ります。

友人のお父さんの手作り餃子です!

かれこれ、20年以上も前に初めて

ごちそうになってから、お会いする

たびに、いつも作ってくださいます。

初めて、お父さんの餃子を食した

ときは、あまりのおいしさに、20個

ぐらい並べられていた餃子をぺろ

っと平らげた私の潔いまでの完食

ぶりをお父さんが気にいってくだ

さり、以降、腕をふるってください

ます。

具にも大変なこだわりがあり、常

に改良を重ねつつ、まだ進化の

途中のお父さんの餃子です。

ほかにも握り寿司も作ってくださ

いますが、やはりなんといっても

“お父さん”といえば“餃子”。

餃子がお父さんの代名詞で、

いつも、ずっと作り続けていら

っしゃいます。

人が集うと、お父さんの餃子が

これでもかというぐらい振舞わ

れるわけです。

餃子って作るのにけっこう手間

がかかるし、しかもお父さんの

場合は、大量に作られるので

かなりの労力と時間を要するの

ですが、いつも同じペースで淡

々と作られます。

決してブレないんです。

私だったら、いつも餃子を作る

のは大変だから、そのうちに

カレーとかに鞍替えしていそう

です。

しかし、お父さんは餃子を作る

のがお好きで、情熱を傾けていらっしゃいます。

みんなの「おいしい」っていう

声を聞くために、労力惜しまず

20年以上も・・・。

こんな身近にセルフブランディ

ングを確立されていらっしゃる

方がいらしたのがうれしく、

“お父さんの餃子”みたいな

私なりの何かを見つけたいと

お父さんの餃子をうまうまと

食べながら強く思った東京の

夜です。

編集者・ライター・終活カウンセラー

エンディングノートの書き方セミナー講師

櫻木よしこ

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る