ブログ

あなたはメールやソーシャルメディアのエチケットを守れていますか? -激怒編-

メールやLINE、メッセンジャーなど
友人、知人と連絡を取り合う手段は
いろいろとあります。
LINEは“既読”がついたりするから
自分のできる範囲ではありますが、
気をつけてレスするようにはしています。

そんななか、現在、これらのコミュニ
ケーション環境のなかで、私をいらつ
かせている3人のオトコたちがいます。

こちらから、よかれと思って声をかけ
たことについて、ひとりはメール、ふ
たりはLINE、から何の音沙汰もなし。1日、2日
ではなく、もうかれこれ1週間はかる
~く過ぎている。
長い人は2週間、レスがない。

「了解」とか、「また落ち着いてから
連絡するね」「ちょっと考えてみる」
とか、何らかのレスがあってもよかろう。

文字を書くのが面倒なら、スタンプと
いう便利なものもあるのに…です。

私はスタンプひとつにも負けてしまう女なのか! 

私をなめるんじゃないわよ!

そこで、この3人の共通点は何なのか、考えてみました。

●3人ともオトコである。

●そこそこ稼いでいる。

●好みの女性が現れると、必死になっ
て貢ぐタイプ。

●(おそらく)自分はぼちぼちイケて
ると思っている。もしくはイケてる自分でありたいと思っている。

●いずれも私とのつきあいは、20年~
30年に及ぶ。

ま、ざっとこんなところです。

こういう輩は、実際に会ってそのこと
を突き詰めると、「ごめん。無視して
たわけじゃなくてさ~」とエクスキュ
ーズを並べ立てます。

今までもやんわりと注意したことはあ
りますが、そのときは一瞬直っても、
あとは変わらずです。

私なら許してくれると思っているのか。

男性から、「性別を超えた付き合いが
できる」と言われる私ですが、たとえ
私がオトコだと思われていても、この
レスのなさ加減はないだろう。

な~んか、疲れたな。
なんなんだろう…この徒労感は。
私の中に“~してあげたのに”感が強いのだろうか。

一方通行で成り立つ関係を続けること
に疑問を感じ始めた初秋の私です。

いやいや、弱気になるな私!

この3人のオトコたちに声を大にして言いたい!

メールのエチケットを守れないようなら、
スマホなんか捨ててしまえ!

編集者・ライター・終活カウンセラー
エンディングノートの書き方セミナー講師  
                   
                  櫻木よしこ
お知らせ その1

東京までは飛べないけれど、鹿児島でなら
飛べるかも
という人は、かさこさんに
会いにきませんか?

有名ブロガーとしてその名を知られる
かさこさんが
鹿児島で11月9日(月)にブログ術
講義
を開いてくださることが
決定しました!
↓  ↓  ↓
http://kasakoblog.exblog.jp/23680082/

この講義でイマイチな私の人生を
プラスにできるヒントが見つかる
かもしれない
です!

お知らせ その2

私が所属する鹿児島市の終活カウンセラーの団体
50+(フィフティプラス)
毎月第3火曜日に終活ワークショップ
petit shu (プティ シュー)
を開催しています。
次回は10月20日(火)の開催で、
3回シリーズとして、エンディングノート作成に取り組みます!

ちょっとでも興味がある方はお気軽にどうぞ!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る