ブログ

終活カウンセラーって何? と思いませんか?

私もそう思っていましたから。
そもそも終活カウンセラーという資格があること自体
まったく知りませんでした。
“終活カウンセラー”という資格は、一般社団法人終活カウンセラー
協会が認定する資格です。
この終活カウンセラー協会は、終活カウンセラーのことを
以下のように定義づけています。
「終活カウンセラーとは必要と思われる知識やスキルを習得し、
相談者に見合った終活の方法を伝えサポートする。
そのために必要であろう知識やスキルは多々あるが、中でも「保険」
「相続」「葬儀」「お墓」「年金」「介護」の基本的知識を持ち、
必要な方には専門家へ繋ぐことのできる人のことを言う」
しかし、その前に一番必要なことは、相手の話をよく聴くこと
なのだそうです。
終活カウンセラーという資格があることを知らなかった私も
“終活”というワードは知っていました。
いろいろなメディアで中途半端に終活のことを
見聞きしていた私は、終活フェスタで入棺体験したりとか
お葬式やお墓のことを早々と決めたりするのが終活という
イメージを持っていました。
“終活”について語り出すと長くなりそうなので、
終活についてはまた改めることとします(^-^;
さて、そんな私が終活カウンセラーという資格があると知ったのは、
1年半ぐらい前のことです。
今後、自分が手掛けたいと考えていることについて
ネットでいろいろとリサーチしていたところ、
“終活カウンセラー”という文字が何度も出てきたのです。
最初のうちは、自分とは関係ないしと目もくれなかったのですが、
あまりにもしつこく、私の目に入ってくるので、「ん?」と思い、
調べはじめたのがきっかけです。
調べていくうちに、この資格が自分が手掛けたいことにきっと
必要になると感じたこと、そしてこれは自分事だと思えたので
即、受験を決め、無事に資格を取得しました。
終活カウンセラーとして必要な知識やスキルの習得は、
多いに学ぶ余地ありの私ですが(^-^;
聴くことは、仕事柄、取材やインタビューを多くこなしてきたので
ちょっとはできるかなと思っています。
自分を活かし、私らしい終活カウンセラーになることを目指し、
そして、そのことによって少しでもどなたかのお役に立てるよう
精進したいと思っています。
珍しく殊勝なことを書いてしまいました…。えへへ。
終活カウンセラー・エンディングノート書き方講師 櫻木よしこ
◆お知らせ◆
毎月第3火曜日に鹿児島市で終活ワークショップpetit shu (プティ シュー)
を開催しています。
今月は9月15日(火)です。
ちょっと気軽に覗いてみませんか? 
オーバー30、40の方々もいらっしゃいます(^^♪

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る