ブログ

終活って英語でどう訳す?

ふと疑問に思って、ネットで調べてみました。
すると、
「making preparations for one’s death」(weblio出典)と
まず最初に出てきました。
死のために準備することってわかりますけど、
「death」って、直接すぎませんか(^-^;?
他にも調べてみました。
①End of Life Plans (人生の終わりの計画)
②Action for terminating your life happily (人生をハッピーに終わらせる活動)
③Preparation for the end of life (人生の終わりの準備)
というのが出てきて、①~③の間だと②がいい感じ
って思うのですが、ちと長い(^-^;
そして、自分の人生を考えるっていうことでいうと
「think」っていう単語がどこか欲しいなって
思ったりします。←あれこれぶつくさ言うなら自分で考えればいいのですが、
それは無理で~す(笑)
いつか、何年も経ったら「SUSHI」みたいな感じで
「SHUUKATSU」という固有名詞そのままで海外でも通用するように
なるのでしょうか。
そうなったら、説明する手間が省けていいですよね…って、
海外まで終活しに行くつもりなのか???わたし…(笑)
終活カウンセラー・エンディングノート書き方講師 櫻木よしこ
◆お知らせ◆
毎月第3火曜日に鹿児島市で終活ワークショップpetit shu (プティ シュー)
を開催しています。
今月は9月15日(火)です。
ちょっと気軽に覗いてみませんか? 
オーバー30、40の方々もいらっしゃいます(^^♪

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る