ブログ

「起業することにフォーカスせず、続けることにフォーカスすること」by辻朋子氏

「起業する」とか「ビジネス」という言葉がなんとなく
自分ごとに思えない私が
直感的に「これは行ってみよう」と
思って申し込んでいた講座に昨日は足を運んでみました。

“女性のための起業・経営講座”

講師は、株式会社 スマップスの代表取締役の
女性起業家コンサルタント 辻朋子氏。

会社名を見ただけで、「この人ってスマップのファン?」と
思う方がほとんどだと思いますが、そうなんです、ファンなのだそうです。

ご本人が登場する前から、配布された資料に掲載されている
社名を見た瞬間から、「面白そうだからこの人の話をちょっと
聞いてみようかな」という、すでにつかみはOK!状態な
わけです。

社名や屋号を決める際の
「覚えてもらいやすい・興味を持ってもらいやすい・
思い出してもらいやすい」

という基本をがっちり踏襲していらっしゃいます。

しかも、サイト名が
http://dearwoman-smaps.com
サイト名にスマップの“Dear WOMAN”という曲名までもが織り込まれております。

ここまできた段階で、辻さんのお話を聞いてみようという気にさらに
なるわけです。

OLから起業家になった経緯を通して、起業する際のポイントを
わかりやすく教えていただきました。

同じような内容を男性から聞いていたとするなら
自分をなぞらえつつ、話を聞くことは
できなかっただろうなと思います。

女性の辻さんから聞いたから、なるほどと思うことが
多かったのだと思います。

辻さんは、「最初は自分のビジネスターゲットは
男性だったけれども、ターゲットを女性に変えたことで
本当につらいこともたくさんあった」と話されていました。
弱みを強味にうまく変えられたからこそ、多くの悩める
起業家たちの相談にものることができるのだと…

しかも、ずっと笑顔でいらっしゃいました。
そんなの当たり前だという方がいらっしゃるかも
しれませんが、例えようのない
なんだかキラキラとしたものが発散されているかの
ような雰囲気でした。

昨日は定員30名に対して、参加者60名という盛況ぶりで、
鹿児島に起業を考える、すでに起業している女性たちが
こんなにいるんだ~と皆さんの意気込みにも
驚き、刺激を受けました。

なんだか苦手な分野でも、直感を頼りに足を運んで
みたら、得るものが大きいと改めて感じた
一日でございました。
たまに直感もはずれることもありますが(^-^;

編集者・ライター・終活カウンセラー
エンディングノートの書き方セミナー講師

                   櫻木よしこ

◆お知らせ◆

私が所属する鹿児島市の終活カウンセラーの団体
50+(フィフティプラス)
毎月第3火曜日に終活ワークショップ
petit shu (プティ シュー)
を開催しています。
次回は10月20日(火)の開催で、
3回シリーズとしてエンディングノート作成に
取り組みます! 
エンディングノートを書くことで自分の棚卸もできます。

ちょっとでも興味がある方はお気軽にどうぞ!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る