ブログ

「犬が怖いのと犬嫌いは違います」ってはっきり言いたい!

犬を飼っている人は必ずといっていいほど、
「うちの犬、噛まないから大丈夫よ」または
「うちの犬、おとなしいから」もしくは
「うちの犬で犬が怖いっていうを克服した人多いから」
と、言います。
こんなセリフを聞くたびに、むかっときます。
ハイハイ、そこ違いまーすって言いたい。
そんなので犬が怖いのを克服できるなら
最初からそんなに怖くなかったんです、その人は。
私だって、ガラス越しに見る子犬とかは
本当にかわいいと思います。
動画とか、写真とか見て、犬ってかわいいなって。
あぁ、犬が怖くなければ、犬を飼いたい。
フレンチブルとか、愛嬌があってかわいいなって思いますもん。
つまり嫌いではないのです。
しかし、
ひとたび、放し飼いの犬が視界に入ろうもんなら
そして、それがひとりの時だったら、どこに逃げようかと
あたふたしてしまいます。汗をかきながら、パニック状態!!!
犬から逃げることに必死になって
フェリーに乗り遅れたという実績もあります(笑)
誰かが一緒に歩いているときは、その人を盾にします。
私から盾にされている人たち、ごめんなさい<(_ _)>
リードをつけて飼い主と散歩している場合、
一瞬ほっとします。
この気持ちは犬が怖い人なら共感してくれるはず!
犬の何が怖いのか…
ひとことでは言い表せません。
だって、実は猫も鳥も怖いんですから。
ある種の病気だと思います(^-^;
以前、シドニーで「催眠術で犬が怖いのを治せるよ」と友人から
催眠術師を紹介されたことがありました。
しかし、変な風に催眠がかかって、それが解けなくなったら
どうしようという気持ちが手伝い、結局断念しました。
「ほら~、かわいいでしょう、うちの子、怖くないよ~」って
愛犬を抱き抱えながら、私に近づけてきたりする人がいると、
私が怖いとわかっていて、こんなことするんだ~と
腹立ってきて、その人を張り倒したくなる凶暴さが
自分の中にあります。
こんな人たちに限ってゴキブリとか蛇とかが怖かったりします。
そこいくと、私はゴキブリだって処分できるし、蛇がそこを
歩いていても、「あ、蛇」だと思い、よけて通るだけです。
そうです、怖いものは人それぞれです。
それをちゃんと理解してほしい…
「怖い」と「嫌い」は違う、とっても単純なことなのに
犬とか猫とかペット系が絡む場合は、使い分けできない人が
かなり多いようです…とほほ。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る